「ライブチャットで心理学を使ってみよう」

投稿日:

カップル

ライブチャットをやっている人は、心のどこかである程度出会いを求めている部分があると思います。チャットレディを好きになってしまって、プライベートのほうでも会いたいと、そう思うユーザーはたくさんいることでしょう。

 

しかし、ライブチャットにいる女の子たちのほとんどは、あくまでパフォーマーとしてやっているという意識が強く、仕事でしかないので、出会いというものは求めていません。

 

じゃあ、チャットレディと会うこと、あるいは口説くことは無理なのか?といわれると、それはまたそうとは限りません。

 

チャットレディたちは、結局は一人の女性です。彼女たちが、あくまでパフォーマーとしてやっているという意識をもっていて、出会いを求めていなかったとしても、コミュニケーションがとれるならば、全然会う気にさせたり、口説き落とせたりすることができます。

 

ただ、それをするのが難しいって話なんですよね。どうすれば女の子を落とせるのか。

僕は必死に考えました。そしてある答えにたどりつきました。

 

 

心理学使えばいんじゃね?と。

 

 

最近メンタリストというものも世間に知れ渡るようになって、心理学がより一層身近なものになってしました。本屋にも、いろんな心理学の本がずらーっとならび、もはやだれでも心理学を扱える時代です。

 

なら、この心理学を駆使してチャットレディを落としてやろうじゃないかと。そう考えたわけですよ。

 

 

ってことで、今回は心理学を用いてチャットレディを口説こう講座を開こうと思いやす。

よろしくお願いしやす。

 

 

 

「チャットレディは口説きやすい!?」

男と女

先ほどもいったように、ライブチャットの女の子たちはあくまでパフォーマーという意識が強く、出会いは求めていません。

 

しかし、口説き落とすという面で見ると、めちゃくちゃ狙い目なのが彼女たちなんです。

 

なぜかという、それは彼女たちが「素人」だからです。

 

キャバクラや風俗などで働く女性たちは、ほとんどがプロ意識をもって働いています。お客さんと直に接するので、プロとして楽しませなければいけませんし、プロとして割り切って対処しなければいけません。

 

一方ライブチャットの女性たちは、このようなプロ意識はあまりもっていません。

 

お客さんに直に会うわけでもなく、お客さんをもてなして接客する必要もありません。(稼ぐためにはある程度必要ですが)ライブチャットは働く側、女性側の自由度がかなり高い職業ということになります。

 

気軽に働いている女の子がほとんどなので、そういった「素人」の部分を狙えば、落とせる可能性が出てくるというわけなんです。

 

ということで、その「素人」の女の子たちを心理学を使って落としていきましょう。

落としてウホウホしちゃいましょう。

 

 

「何度も通ってチャットレディの高感度をあげる~ザイオンス効果~」

女の子

チャットレディを口説くにはまずその子と仲良くなる必要がありますよね。

 

全然仲良くない状態からいきなり「デートしようや」って言っても、

「はぁ?きっしょ、マジ死んで」というように、スマートに断られてしまうだけです。

 

なのでまずは仲良くなり、好感度をあげていく必要があります。

 

そこで使う心理学が、「ザイオンス効果」というものです。

 

名前がなんかもうカッコイイですよね。名前だけで落とせちゃいそう。

別名は単純接触効果といいます。別名はカッコ悪いですね。

 

このザイオンス効果というのは、何回も同じ人をみると徐々にその人に好感を抱いてくるというものです。

 

つまり、自分が落とそうと思っているチャットレディのところに何回も遊びに行けば、そのチャットレディは少しずつあなたに好意を抱いていくということです。

 

まとめると

 

何度も何度も狙っているチャットレディのところにいく

少しづつ仲良くなり、好感度があがる

デートに誘う

ホテルでウホウホ

 

Good!!もう最高ですね。ライブチャットの女の子を口説く際はこのザイオンス効果の活用は必須です。

 

 

「チャットレディになりきれ!~ミラーリング効果~」

女の子

チャットレディと仲良くなるという面で、このミラーリング効果というものもとても有効です。

ミラーリング効果とは、相手の行動・言動を真似することで、相手がすこしづつ好意を抱いてくるというものです。

ライブチャットでいえば、単に言動を真似したり、仕草などもかなり有効になってきますね。

 

人は、自分の行動や言動が真似されているとき、潜在意識の中でそれを相手からの好意や敬意とみなします。

 

この効果を利用して、狙っているチャットレディの潜在意識に自分への好意を少しづつ蓄積させていきましょう。

 

 

まとめると

 

チャットレディの行動・言動の真似をする

チャットレディはしだいにあなたに好感を抱く

デートに誘う

ホテルでウホウホ

 

GREAT!!すばらしいですね。ミラーリング効果も簡単にできる手法なので、どんどん活用していきましょう。

 

※このミラーリング効果はやりすぎるとただの変人として認識されてしますので、やりすぎ注意です。

 

 

「チャットレディもこれで一発~ドアインザフェイス~」

女の子

この手法は、デートに誘う際の勝負際につかう手法となります。

先ほどの二つの手法で好感度をあげまくったあとにこれを使えばもうチャットレディもイチコロです。

 

では、ドアインザフェイスとはなんなのかということですが、

これは、最初に難しい要求をして、そのあとに易しい要求をすれば、後者は受け入れられやすいという手法です。

 

最初にきわどい要求をして少し悩ませて、次にハードルを下げて要求すれば、

相手は「じゃあそれぐらいならいいかな」と後者のハードルを飛んでくれるのです。

 

これをチャットレディを落とす際に利用しましょう。

 

まとめると

 

チャットレディと仲良くなる(上記の二つの手法)

チャットレディと仲良くなっていざしかける

一発目

あなた「ホテルいって一発ぶちかまそうぜ」

チャトレ「いやむり、きっしょ」

二発目

あなた「じゃあせめて食事でもどうよ?」

チャトレ「まぁそれならいいかな?」

食事いく。酒呑ませる

ホテルでウホウホ

 

Excellent!!もう完璧です。これでチャットレディはあなたのもの、思う存分ハッスルしましょう。

 

 

「心理学はライブチャットにめっちゃ使える」

男

どうでしたか?心理学を使えば狙っているお気に入りの女の子もコロッと落とせそうじゃないですか?

 

そうなんです、心理学とライブチャットというのはめちゃくちゃいい組み合わせなんです。

彼女たちも所詮はひとりの女性、心理学を駆使すれば全然口説き落とすことなんて可能なんです。

 

それにこういった心理学はなにもライブチャットに限ったことではありません。対人関係であれば、ありとあらゆる場面で活用することができます。

 

この心理学を究めれば、あらゆる場面で有利になるので、ライブチャットだけに限らずいろいろな面でも使っていきましょう。